200606

時代はWeb 2.0だって?はぁ?
2006 / 06 / 21 ( Wed ) 07 : 13       【New】ゴルゴkageショッピング
最近メディアでも良く耳にする「Web 2.0」

時代はまさにWeb 2.0に突入!!今後はどうなるのか?


何のこっちゃ??


このWeb 2.0というのは現在のインターネット市場の定義付けだ。

インターネット市場の流れを簡単に言いますと、

1996年頃からホームページが登場しました。(Web 1.0)

その後、ユーザのニーズに対応する掲示板などが登場しました。(Web 1.5)

2002年頃にソーシャルネットワークやブログなどの参加型ツールが登場しました。(Web 2.0)

こんな流れなんじゃないかと思います。

このブログを見てる君!! そうWeb 2.0なのだよ。


要は、インターネットの時代を上記のように定義付けしてどこかの学者が分かりやすいように切り分けしたんじゃないかと思う。

今までは、全て売り手に依存されてた商品も今後は、実際に購入したユーザも同等に依存されるわけだ。


オークションとかまさにそうですね。
実際に購入した人のフィードバックが参照として閲覧できる。


昔ならよく少年ジャンプの裏とかに通信販売で
「嫌〜僕ねぇ〜このキーホルダー買ったら凄く女の子にモテモテになってさぁ〜お金持ちになったよぉ〜 by 山田」


ホントかよ!そんなのありえねぇだろう!!

これは明らかにヤラセである。本気でそれを鵜呑みにして購入する人はごくわずかでしょう。(中にはシャレで買う人もいるけど)


これではあかんわけですよ!これでは!


やっぱ、実際に購入した人の生の声が重要なわけだ。
それも定期的ではなく常に24時間体制で生の声を投稿できたり閲覧できたり、、、だからこそ、そういうフィードバックはしっかりと報告する義務があるわけだ。

「俺には関係ねぇーよ。報告なんて面倒くせー」と思う奴はきっといつか痛い目を食らうぞ!


うすらボーとしてんじゃねーぞ!


そんなお前ら〜恒例のkage様の波動砲を食らえ!!
(最近続いてますなぁ〜)
















>




ポチッとな
yattaman.jpg

ヤッターマンセットでどうだ!
オークションで香港人から購入!!
結構高いんだよ。こんなもんでもさぁ〜



そして極めつけは、、、



ボヤッキーのストラップでも食らえ!
boya.jpg


今回はちょっと絵文字も使って見ました(えへ)
その他 | トラックバック(0) | コメント(7) | ▲page top    

200606

あばれはっちゃくについて
2006 / 06 / 16 ( Fri ) 08 : 37       【New】ゴルゴkageショッピング
先週、友人と電話で話していたら何故かこの「あばれはっちゃく」の論議になった。
内容は、あばれはっちゃくのオープニングソングで最後に「あばれはっちゃく鼻づまり♪おいらは花の落ちこぼれ♪」ここの部分だ。まぁ、くだんねー事で大人が論議するのもどうかと思いますが、

友人が言うには最後の部分「あばれはっちゃく鼻づまり♪」ではなく

「あばれはっちゃく糞づまり♪」と言い切るのだ!

おいおい、そんなわけねーだろ!

確かに糞づまりでも流れ的には問題ないだろう。。
でもねー少年ドラマで糞づまりはないでしょう。

早速、検証してみました。「俺はあばれはっちゃく」のビデオがレンタルできるんですよ。

ここで余談だが、このあばれはっちゃくは、下記のように続いた少年ドラマです。

『俺はあばれはっちゃく』(1979年2月3日 - 1980年3月8日、全58話)
『男!!あばれはっちゃく』(1980年3月22日 - 1982年3月27日、全102話)
『熱血あばれはっちゃく』(1982年4月10日 - 1983年3月26日、全49話)
『痛快あばれはっちゃく』(1983年4月2日 - 1985年2月23日、全93話)
『逆転あばれはっちゃく』(1985年3月2日 - 9月21日、全27話)



毎週土曜日19:30 - 20:00(ただし関西地区・朝日放送だけ
この時間に『部長刑事』が放送されていた関係で18:00 - 18:30(後期は17:55 - 18:25)に放送された。)

ほとんどの視聴者に言わせると、1代目の「俺はあばれはっちゃく」が印象深いそうだ。
ゴルゴkageもこの1代目が印象深いが、なんせ小さい時だったんで内容までは覚えてない。。

主人公の「桜間長太郎」要は正義感が強い純粋なガキが直面した問題を逆立ちして
少年なりに考えて行動し大人を驚かせる。。そんなところだろうか。
全シリーズの題名が必ず「マル秘作戦」という題名が付く。

江戸っ子のオヤジは必ず「バッキャーロ!おまえの馬鹿さかげんには父ちゃん、情けなくて涙がでらぁ〜」と言って息子をドカーンと殴る。これも定番である。
更に言えば、主人公も段々声変わりをしていきそれと共に次の世代に交代する。

大人になって改めて見てみると、主人公の桜間長太郎を演じる吉田友紀 の演技がうまい!うますぎる!
憎めない笑顔。。そして行動力。。かわいいもんですよ!
当時は少年だけでなく大人も楽しんで見れたドラマだったんじゃないだろうか?

ドラマの中でオヤジが「女の穴ばかり追う奴は、男の風上にもおけねぇぜ!」
なーんて軽々しく発言してたが、今、それをいっちゃ反感くらうだけだ。

しかしね。。男の性質としてはそのぐらいの勢いが必要な時もあるんじゃないだろうか。

それにしてもああも気持ち良くぶん殴る大人は最近いなくなったんじゃないだろうか??
僕が小さい頃、友達と家でプロレスごっこをしてたら、その友達のオヤジに一緒にぶん殴られた事もある。
さすがに当時はその行動にびっくりしたが、これもまた良い経験として残ってるわけだ。

何万個の言葉を並べるよりも一発ドカンと殴ってわかるときもあるのではないか!
それでも暴力反対〜なんて言う奴め!ゴルゴkage様の波動砲を食らえ〜!(今回は吉田友紀で)

俺は1代目の桜間長太郎だ〜い!!
contents_image.jpg


オヤジになったよ・・・とほほ
yoshida.gif


ひとみちゃんでも食らえ!!
hitomi.jpg


最後に歌は「鼻づまり」が正しかったです。

よっしゃ〜!ゴルゴkage様の記憶が勝ったぜ!
とほほ日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | ▲page top    

200606

韓国について?
2006 / 06 / 07 ( Wed ) 07 : 38       【New】ゴルゴkageショッピング
韓国についてまた熱く語らせてください。

この間、雑誌を読んでいたら「従軍慰安婦」についての悲劇が書かれていた。
内容は、戦時中、日本兵の為に韓国人女性が体を張って働いた訴えとでもいいましょうか。。

出ましたね。禁止ワードともいえるこのお言葉、

内容は韓国寄りの事ばかりで日本を否定するような内容で
詐欺ではないかと言われた本です。実際にあったのはわかるけど、
日本兵に強制連行されて無理やり働かされた。。私の青春返せ!

ちょっと待て、それは違うんじゃないか。

事情が人それぞれあったわけで、、最近では以下のように言われている。

日本兵というよりも、むしろ慰安婦の斡旋業者が連行した可能性がある。
ここで事情があるわけだが、その業者は日本兵が認知しているということだ。

そして、女性がお金の為に自ら志願するケースもあっただろう。
更には親がお金の為に無くなく娘を引き渡すケースもあっただろう。
そのとき、親は娘に事情を話さず何も知らない娘は現場に着いて仰天した。


当時の事は僕は知らないが、これは時代背景から考えて仕方が無いのではないだろうか。
それで今更、ギャーギャー言うなって感じだ。日本だってヨーロッパだってそういう解決できない
不道理な歴史を踏んで来たんだ。今更ガタガタ言うんじゃねーよ。

そんなおまえら〜本物の仮面ライダーを食らえ!!
(かなり強引にこのブログに関連付けしてますが。。)

先週ゲットしました。値段は1万円ぐらい。トイザラスの限定
まさに大人のおもちゃです。(変な事を想像はしないように)




もういっちょ!よいっしょ!

kyu9.jpg

とほほ日記 | トラックバック(2) | コメント(3) | ▲page top    
| ホーム |