プロ野球選手その後

芝草・條辺
2007 / 09 / 18 ( Tue ) 07 : 07       【New】ゴルゴkageショッピング
この間、波乱万丈ドキュメント 俺達はプロ野球選手だった(TBS系)を
ニコニコ動画で発見した。毎年ドラフト会議で生きの良い選手達が入団している。
今年のドラフトは大阪桐蔭高の中田あたりが注目選手か・・・

だが、一方では、約80名ぐらいのプロ野球選手が引退や
戦力外告知を受けて球界を去っていくらしい・・・


当然の事ながら、プロで生き残るという事は非常に限られた人物であるのはいうまでもない。
塚田真季子さんの論文「プロ野球第二の人生」によると非常に細かく調査されていた。

じっくりと読んでみると、、

プロ野球入団から4年目で辞める選手が多いという。。 

その後、一旦落ち着き8年目で再度増加し、、10年、11年が平均して
横ばい状態になり、16年目でいったん落ち着くらしい。

いかに現役選手を継続することが難しいかがわかるだろう。 

引退のピークはプロ入りわずか4年目である。高卒でプロ入りした選手だとおよそ22歳、大卒の場合だとおよそ25歳で職を失うことになる。

戦力外告知・・つまり若干20歳そこそこの若い男がリストラの宣告をされるわけだ。
これはまだましなほうかもしれない。。やり直しはできる年頃だ。
(じょうべの例) 因みに奥さん美人です(w)



だが、中堅どころとなれたとしても、そこで実力を認められなければあっさり首を切られ、
30代後半で仕事を失うことになる。 (芝草宇宙の例)
 


こうなった場合のやり直しがきっついだろう。。

プロ野球選手という特殊な世界で生きてきていきなりポーンと社会に放られても
本人も不安があるだろうし、適用も厳しくなるだろう。

もちろん、それまでに普通の人よりも多い給料だったから貯金も多少はあるだろうが、、
選手時代に派手に使い込んだ人も多いはず。 いや、そうならないのがおかしいかも。。

第2の人生といっても・・コーチや監督・・・これは極わずかな限られた人や人望が厚い選手・・
だが、これも1年で職を失う不安定な職業である。

ましてや、プロ野球選手になる人物は、野球以外の事はまず、失っている人が多いだろう。
それ以外の事を考えてたらプロ野球選手にはなれないわけだから。 

ボロボロになるまでやる・・・・こうなっちゃうんだろうなぁ・・・

うーん。日本のシステムなのか!

アメリカでは、春はバスケ・夏は野球・秋・冬はフットボール・ホッケーとシーズン毎にシフトしていく。
だからこそ、ディオン・サンダースのようなプロ野球+プロのアメフトのようなマルチな選手が生まれる。
また、それができるのもこのようなシステムを受け入れている国柄もあるのかもしれない。

また、プロ野球選手でも中には弁護士の資格・医者の資格・などマルチな人が多い。。

アメリカの文化が許せる事なのか!! 

そんなの卑怯だぞ!

プロ野球選手その後 | トラックバック(0) | コメント(3) | ▲page top    
| ホーム |