プロ野球選手のその後 江川卓(巨人)

江川事件(空白の1日)
2007 / 07 / 31 ( Tue ) 08 : 53       【New】ゴルゴkageショッピング
1955年5月25日栃木県小山市出身。現役時のポジションは投手。
作新学院高校時代に怪物として全国にその名をとどろかせる。

その後、1979年に「空白の一日」を突いて巨人と契約、ドラフト1位で阪神に指名されるも巨人が小林繁とのトレードを発表し正式に獲得。「エガワる」は流行語にもなった。持ち前の速球とカーブで巨人を支えたが、1987年に32歳の若さで引退。(はてなダイアリーより)



江川の痛恨の一撃の内容はこちら

通算成績は135勝72敗、防御率3.02。

引退後はタレント、ワイン評論家としても活躍中。


甲子園の怪物の元祖とも言える人物・・・清原、桑田、松井、松坂・・数々の怪物といわれた選手がいるが、その中で真の怪物と言えるのがこの男、江川でないだろうか。。



2年生夏の大会からで、栃木県大会初戦の大田原高相手にノーヒットノーラン、2回戦の石橋高戦は完全試合、準々決勝の栃木工戦もノーヒットノーラン。準決勝の小山高戦も10回2死までノーヒットノーランだったが、延長11回にスクイズで1点を取られて敗退している。

3年春の甲子園では1回戦の北陽高を19奪三振で完封。2回戦の小倉南高戦では7回10奪三振で無失点勝利。準々決勝の今治西高戦も20奪三振で完封。準決勝の広島商戦の5回・8回に1点ずつを取られ、そのまま敗退。(後に広島の達川がいたチーム)その失点が二年生秋の新チーム結成から練習試合・公式試合含めて初の失点だった。

3年夏の県予選では5試合中3試合がノーヒットノーラン、5試合の被安打2という快投で甲子園出場。1回戦の柳川商戦で延長15回23奪三振で勝利。2回戦の銚子商戦12回裏押し出し四球で敗退。

高校時代の成績は、完全試合2試合、ノーヒットノーラン10回。公式戦の通算防御率は0.41となっている。


この成績から考えても怪物としか思えないですね。


1973(昭和48)年のドラフト会議で阪急ブレーブス(現・オリックス・ブルーウェーブ)にドラフト1位指名されたが、慶応大学へ進学がほぼ内定していたが、何故か試験には不合格・・そして法政大学2部へギリギリ滑り込んでの進学。

だが、その江川の入部に法政大学野球部は戸惑った。いきなり怪物が入部してきたわけで、厳しい上下関係やマスコミなどの狭間で
一時は本気で退部を考えたらしい(本宮ひろし漫画「実録たかされ」より

1977(昭和52)年、東京6大学野球で法政大学のエースとして神宮で大活躍。その年のドラフトの最大の目玉となった「怪物・江川卓投手」は、クラウンライター・ライオンズ(現・西武ライオンズ)から1位指名。



法政大学OBの(当時)クラウン・根本陸夫監督と球団取締役は江川氏の下宿に出向き、指名挨拶を交わすなど、江川氏獲得に向けて動き出すが、
巨人軍への入団を希望していた江川氏は、後見人(こうけんにん=うしろだてとなって面倒をみる人)に母校作新学院理事長船田中
(ふなだなか)経由で、「九州は遠い」という理由でクラウンへの入団を拒否し、次回のプロ入りまでに2年を要する社会人球団ではなく、作新学院職員の肩書きでアメリカ・南カリフォルニア大学に野球留学する。

この間、クラウン買収に動いていた西武鉄道の堤義明社長は、買収後球団を関東に移すとの条件を出して江川の獲得を図るが、江川はこれを断る。
翌年のドラフト会議前日の1978(昭和53)年11月21日、江川は、船田代議士立会いのもと、巨人と電撃契約を行う。

つまり、クラウンが江川を指名してから1年間は交渉権があるが、翌年のドラフト会議の2日前までしかなく、その1日は法的上、全くのフリーな選手という事で巨人が他の球団に取られたくないという理由で江川と勝手に契約をしてしまった・・・という事だろう。


「球団と指名選手との間の入団交渉期間(優先交渉権)は、ドラフト会議当日から翌年のドラフト会議前々日(2日前)まで」となっている野球協約第138条の盲点をついたこれが空白の1日である。





更に巨人はこの年のドラフトをボイコットする。つまり江川と心中する覚悟を示した。つまり、巨人なくてはプロ野球が成立しないという事を知ってのわがまま行為だったのか、江川がどうしても得とくしたい選手だったのか・・
そのあたりの損得勘定で動いた事なのかもしれない。

その年は巨人不在のまま、ドラフトが開始。


そのドラフトで、ロッテ、近鉄、阪神、南海(現・ダイエー)の4球団が江川を指名、4球団の抽選により、阪神が江川氏との入団交渉権を獲得。

最終的に金子鋭コミッショナーの権限により阪神に江川を一度入団させ、巨人へトレードという形をとった。


その的となったのが当時巨人で活躍してた小林繁投手である。


小林はこれを引き受け阪神へ行った。もちろん、小林も巨人が大好きで頑張ってたわけで。。

トレードが成立して巨人軍の選手となった江川は、記者会見で記者団に対して「みなさん、そう興奮しないで」と発言。

マスコミに叩かれるようになってしまった。。

江川には2ケ月の出場停止処分が下され、1979(昭和54)6月、甲子園球場で阪神タイガースと初対決ラインバックが逆転スリーランを叩き込み江川を粉砕。(上の動画参照)

一方、小林選手は肩を壊して江川氏より1つ若い31歳で引退。通算成績はプロ12年・実働11年で139勝95敗17S、防御率3.18。
沢村賞2回・ベストナイン2回。1992年大阪近鉄バファローズのコーチに就任

江川はタレントして活躍していると同時にワイン評論家としても活動しているらしい。

そろそろ、この事件も時効なのではないだろうかと思う。
野球界を盛り上げる為にも江川はコーチか監督として向かえても良いのではないだろうか。。

その他、プロ野球を沸かせた選手の行方
プロ野球選手のその後:中山(元大洋)
プロ野球選手のその後:新浦(元巨人→大洋)
プロ野球選手のその後:藤王(元中日→日ハム)
プロ野球選手のその後:近藤真市(中日)
プロ野球選手のその後:伊良部秀輝(ロッテ→ヤンキース)

プロ野球選手のその後:板東英二(中日→タレント)
プロ野球選手のその後 江川卓(巨人) | トラックバック(1) | コメント(3) | ▲page top    
| ホーム |