プロ野球選手のその後 中山裕章(元大洋)

中山裕章(元大洋のプロ選手)
2007 / 07 / 07 ( Sat ) 06 : 31       【New】ゴルゴkageショッピング
この前、昼を一緒に食べた知人が食事後、つまようじをツーツーしながら突然、前触れもなく、「おい!大洋の中山って昔いたろ?あいつはどうなったんだ!」と叫びだした・・

そ、そういえば・・・僕も凄く気になってしまった・・


中山裕章という選手は、、

高知商では1983年と1985年の2回甲子園に出場。
1985年のドラフト1位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)に入団。
入団1年目から1軍で活躍する。






1993年 01月29日
幼女へのわいせつ行為でプロ野球・大洋ホエールズ(横浜)を解雇された。どうも、幼女を抱き上げてわいせつな行為をしたとか・・・
解雇後、婚約が破棄される。(慰謝料3000万請求されたという噂あり)

その後、運送会社で2,3年働いた後、中山裕章選手の球界復帰に向けて署名運動を続けている「中山裕章君の復帰を願う市民の会」は署名運動の中間回収報告を神奈川県横浜市中区の(株)みなと運輸本社で行った。この記事を当時、新聞の片隅で見た記憶がある。確か、そこの社長が凄くサポートしてくれたみたいだ。

これによると横浜、高知など全国から集められた署名の合計は10万387人分で、開始時の目標10万人を中間報告の段階でクリア!

中日の打撃投手などを経て1994年途中、現役復帰。ファンの運動によって再び野球をプレイする事が可能になった。1995年以降は主にリリーフ投手として登板。オールスターにも出場した。

そのとき、僕はちょっと感動しました。確かに悪い事をしたのは良くないが、ここまで来たのはかなり凄い事だと思う。

2001年に中日を退団し、台湾の中信ホエールズに入団。先発投手として活躍した。


その後の行方が掴めなかったが・・・流れからいくと、運送屋に恩返しとして働いているのだろうか・・・



その他、プロ野球を沸かせた選手の行方
プロ野球選手のその後:中山(元大洋)
プロ野球選手のその後:新浦(元巨人→大洋)
プロ野球選手のその後:藤王(元中日→日ハム)
プロ野球選手のその後 中山裕章(元大洋) | トラックバック(0) | コメント(5) | ▲page top    
| ホーム |